あの有名なホーチミンさんの家に行ってみた【ベトナムに来たら一度は行って欲しい】




黄色い建物がおしゃれなホーチミンさんの家へ行ってみよう

どうも。人生ユタカです。

本日ご紹介したいのは、ベトナムで一番有名な
「ホーチミン」さんのです。

現在ハノイでも有名な観光地になっており、ホーチミンが晩年過ごした家(大統領府や実際に住んでいた木造高床式住居や車など)が残っています。

ホーチミンさんを知らないという方の為にどんな人物か簡単にお話すると、

ホー・チ・ミンは1890-1969年に生きたベトナムの政治家・革命家であり、ベトナム民主共和国初代主席です。南部の都市、ホーチミンシティ(旧サイゴン)の名前は
ここからきています。ベトナム革命の指導者です。
参考:ホー・チ・ミン – Wikipedia

ベトナムのお札「ドン」にも描かれている方ですのでお札も是非チェックしてみてください♪

ホーチミンの家は、「ホーチミン博物館、バーディン広場、一柱堂、ホーチミン廟」と同じ敷地内にあります。

なので観光で来られた際にはセットで行かれることをおススメ☝します。

ホーチミン廟から北へ少し歩き、左手に入る道から
進むとホーチミンの家のゲートが見えます。

チケット売り場

入口すぐのところにチケット売り場があります。

値段は40,000VND(約200円)と安めです!

入場チェック

チケット購入後は手荷物検査を受けます。

非常に厳重なセキュリティチェックのある場所だということが分かります。

大統領府

最初に見えてくるのはオレンジ色の屋根と黄色い建物が目立つ大統領府です。

フランス領時代の1906年に建てられました。

とてもきれいですね。

標識にもありますが、右には高床式への道、まっすぐならホーチミンが使用した車のガレージと1954年と1958年にホーチミン大統領が住んでいた家に行くことが出来ます。

人生ユタカ
中の敷地内は自然が本当に多いです。

House54(住居と執務室)と別館(車展示)

決めたルートはこの建物。

こちらは実際にホーチミンが暮らしていた住居と執務室ですね。

「House54」と呼ばれています。

部屋の中には入れませんが、廊下から中の様子が確認できます。

人生ユタカ
なんだか別荘のようで素敵でした。

「ハウス54」
ホーチミン大統領が1954から1958年まで住み・仕事をした場所

といった感じのことが記載されています。

ホーチミンの住居と車コレクション(別館)

黄色い建物にはたくさんの窓があっておしゃれですね。

かなり広がっているのが分かります。

住居近くにあるこの別館には、ホーチミンが実際に使用した車が3台も展示されています。

どれも保存状態がよいですね!

これらの車はソ連政府からの贈り物のようです。
かっこいいですね~

では住居をのぞいてみましょう

フランス領だっということもあり、デザインがヨーロピアンでおしゃれです。
外階段まで置物のようにおしゃれに見えます。

外から見える寝室

ベッドの上にはゴザが敷いてあるベッドが置いてありました。

机や一人用のソファーもありますね。

食堂

こちらは食堂ですね。

ダイニングテーブルと食器が置いてあります。

横の椅子はボディーガード用でしょうか・・・

思ったよりシンプルな内装でした。

仕事部屋(執務室)

こちらは仕事部屋(執務室)です。

机の上にはロシアの革命家「レーニン」と「マルクス」の画がありますね。

そしてたくさんの書籍がきれいに置かれています。

右奥にあるのは日本人形です。
※1966年の日越友好協会訪問時のお土産だそうです。

大きな池

ホーチミンの家の敷地内には大きな池もあります。

とても素敵でした。

池の向こう側には高床式の建物があります。

早速いってみましょう!!

 

池の奥にはヤシの木や果樹園が続いています。

ホーチミンさんはきっと毎日この池を眺めていたんでしょうね。

池には巨大な鯉もたくさんいます。

水は少し濁って見えますが、色鮮やかな鯉が元気に泳いでいました。

さらに周辺を歩いてみると、途中で孔雀を発見しました。

かなり大きく、迫力もありました。

こちらにはホーチミンについて詳しい説明がボードで読めるようになっています。

生き方や様々な活動についてたくさん知ることが出来ます。

高床式住居

この立派な建物は、高床式住居です。

ホーチミンの家といえばこちらでしょう!

この立派な建物をもう少し近くで見てみると・・・

こんな感じの立派な建物ですね。

リゾート風の隠れ宿的で解放感の溢れる建物です。

こちらは正面からの眺めです。

周りの木のお手入れもされていて
左右鏡で映したような作りになっています。

1F

1階にはテーブルが置いてあり、高床式なので壁はありません。

ここでミーティングなどしていたのでしょう。

水槽に金魚もいますね。

休憩に使ったのであろう長椅子も置いてありました。

2F

2階の通路からの眺めはこんな感じです。

部屋の中をのぞいてみるとナチュラルテイストの家具などが置かれていました。

当時使用していた書物がガラス棚に大事に保管されていました。

では隣を覗いてみましょう。

書斎

書斎には当時利用していた時計やラジオ、帽子など生活感が感じられるお部屋でした。

この部屋にもガラス棚に書物が大事に保管されていました。

寝室

こちらはHouse54にあったようなゴザのベッドやくつろげる椅子やテーブルがあります。

非常に質素な作りの建物でした。

お土産店

一通りルートを廻ると最後にお土産店にたどり着きます。

お土産店に入ってみると、ホーチミンのお写真、カードやポートレートがたくさんありました。

人生ユタカ
ここでは普段手に入らないホーチミングッズが数々手に入りますよ!

ベトナムに来たら一度は行って欲しい場所です!

いかがでしたでしょうか。

思っていた以上に質素な空間が多くて驚きました。

そして、安らぎと緑も多く、癒やしの空間でした。

ホーチミンは実際に1954年から1969年までの15年間ここで暮らしております
※ちょうど首相や主席として活動していた時期と重なります。

心を落ち着かせる場所としてとても大事な場所だったことも理解できます。

Information
■スポット名:ホーチミンの家 (ホーおじさんの家)
■住所:Số 1 Ngõ Bách Thảo, Ngọc Hồ, Ba Đình, Bắc Giang
■冬:8:00から11:00|13:30から16:00
■夏:7:30から11:00|13:30から16:00
■休み:月曜日
■入場料:40,000vnd




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

人生ユタカ

世界一周旅行経験者&ベトナム・ハノイ駐在員の人生ユタカです。 「ハノイを楽しく歩こう♪」をコンセプトに、僕の仲間たちとハノイを紹介しています。 ハノイの観光スポットから超ローカルなお店まで、なるべくリアルな情報をお届けし、日本の皆様にハノイについて興味を持っていただけたら幸いです。 ~街を歩けば、人生がもっとユタカに~ ハノイを楽しく歩こう♪