【ハノイ】豆花のお店「ジェリービーンズ(Tào phớ Jelly Bean)」のご紹介




【ハノイ】豆花のお店「ジェリービーンズ(Tào phớ Jelly Bean)」のご紹介

今回はハノイの豆花のお店「ジェリービーンズ(Tào phớ Jelly Bean)」さんのご紹介です。

当記事は、2019年9月15日時点での取材内容を記事にしたものです。内容に差異がある可能性がございますのでご了承下さい。

場所はハイバーチュン区のクアンチュン通り(Quang Trung)にございます。

 

豆花(ドウホワ)とは?

豆花(ドウホワ)は、(中国北部や西部では豆腐脳、南部では豆腐花とも呼ばれる)豆乳を固めた中国発祥のデザート。
ベトナムでは「タオフォー」と呼ばれる。
※ベトナムでは花は「Hoa(ホア)」と呼ばれるが、「豆腐(ドウフ」+「花(ホア)」=豆腐花(ドウホア)」はベトナム言語は中国から元々入ってきたものなのだということが実感出来ます。
豆乳を固めるものは、にがり(塩化マグネシウム)・硫酸カルシウム、塩化カルシウムなど多くの凝固剤が存在する。

豆乳を使った人気のスイーツ。
由来は中国前漢の皇族/学者、劉安(紀元前179年 – 紀元前122年)が作ったという説があるようです。
味付けとしては、甘い、塩辛い、辛いという三種類の食べ方がある。
辛い/塩辛い食べ方は現在でも中国北部で伝統的に存在し、逆に甘い食べ方は華南(中国南部)や台湾や香港(マカオ)に存在する。
ベトナムで食べられる豆花は甘い種類になる。
他に国マレーシアやシンガポールでも存在し、黒砂糖やシロップなどをかけて食べる。

参考:豆花 – Wikipedia

ではタオフォーのお店ジェリービーンズを見ていきましょう

こちらは店舗前の様子。
多くのお客様が小さな椅子に座り、タオフォーを食しています。
ベトナムらしい光景。

ジェリービーンズという店名ですが、「ゼリー(ゼラチン)+ビーンズ(豆)」と略すことが出来ます。

店内カウンター前

多くの顧客に愛されているお店であることが分かります。

お店前にはお客様が順番待ち状態。
暫く待ってみることにします。

値段

タオフォーが10.000vnd(50円)で購入出来ます。
その他の豆乳(Soya milk)も同じ値段。
格安なのがいいですよね。

トッピングが出来る仕組み

メニューの右側にはトッピングメニューが記載。
これも2.000vnd(10円)から注文出来るので好きなものをじゃんじゃん注文しましょう。

店内スタッフさんも大忙しです。

店内客席

店内客席もお客様でいっぱいでした。

店内奥からの風景。

女性のお客様が多い印象。

大人気のタオフォーです。

注文してみました

早速タオフォーを注文してみました。
氷がセットでついてきます。

こちらは豆乳。
非常に健康的で安く美味しいデザートでした。

インフォメーション

■店舗名:ジェリービーンズ(Tào phớ Jelly Bean)
■住所:28 Quang Trung, Trần Hưng Đạo, Hoàn Kiếm, Hà Nội, ベトナム
■時間:7時00分~22時00分
■電話:+842466752820
■Facebook:https://www.facebook.com/taophojellybean

取材日:2019年9月15日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

人生ユタカ

世界一周旅行経験者&ベトナム・ハノイ駐在員の人生ユタカです。 「ハノイを楽しく歩こう♪」をコンセプトに、僕の仲間たちとハノイを紹介しています。 ハノイの観光スポットから超ローカルなお店まで、なるべくリアルな情報をお届けし、日本の皆様にハノイについて興味を持っていただけたら幸いです。 ~街を歩けば、人生がもっとユタカに~ ハノイを楽しく歩こう♪