ハノイから車で40分の人気観光スポット!焼き物の村バッチャンで陶芸体験をしてみた




どうも!ハノイ駐在員「人生ユタカ」です。
今日、僕は陶磁器で有名なバッチャン村という所に来ています。

バッチャンはガイドブックや現地のオプショナルツアーで紹介される人気の観光スポットです。

ここで作られた陶器は「バッチャン焼き」と呼ばれ、ベトナム雑貨のお土産として好まれます。

 

こんな絵柄の食器を見たことありませんか?

これこそが、バッチャン焼きの代表格です。

バッチャン村 ( Bát Tràng)

ベトナムのハノイ、ザラム県の村。
焼き物(陶磁器)の街として知られ、「バッチャン焼き」として主に食器や花瓶、壺、などが生産されている。
ハノイ市街から近い観光地として、観光ツアーも組まれている。バッチャンでは工場見学、陶芸などの体験できる。

バッチャン焼きの歴史は、1010年に李朝がタンロン(ハノイ)に都を移した頃に遡り、陶磁器に最適な白い粘土が採れる土地として知られるようになる。
この頃からすでにバッチャンでは焼き物が作られてきたと言われているが、陶磁器作りが盛んになったのは15世紀ごろで、中国の明朝時代の陶磁器に影響を受けた。
また、紅河(ホン川)沿いの立地を活かして世界各国へ輸出されてきた。

伝統的なバッチャン焼きは白い陶磁器に藍色で描かれた模様が特長だったが、近年では様々な色を取り入れた焼き物が多くみられるようになった。

 

ハノイの中心地から車で約30~40分

ハノイ中心部からバッチャンまでは16キロ程度。
ノイバイ空港まで行くのと同じくらいの距離感です。

バッチャンは近くて行きやすい観光地として人気なんですね。

バッチャンへの行き方は大きく分けて3つあります!

タクシー 30~40分 (おおよそ30万ドン、約1500円)
・路線バス 40分~60分 (片道20万ドン、約35円)
・現地ツアーに申し込む  (25ドル前後でバッチャンを回る半日コースが多い)
※移動時間は道路状況によって変わります。
※タクシー料金はタクシー会社などによって変動あり。

僕は週末の午前中、Cau Giay地区からタクシーで移動して、30分(30万ドン約1500円)でした。

バッチャン焼きをお土産に大量購入するならば、タクシーで行くことをオススメします!

 

村民の9割近くが陶磁器のお仕事

人口約5000人のバッチャン村は、おおよそ9割の人達が焼き物に携わる仕事をして生計を立てているそうです。

 

陶芸体験をしてみた(バッチャン焼きプレゼント企画だよ!)

今日のお目当てはコレコレ!!

 

バッチャン焼きの陶芸体験です!

1人4万ドン(200円)と説明があり、このワークショップで体験してみることにしました。

「4万ドンとは、日本に比べると安くてラッキー!」と思っていたのですが、
あとからこの金額にカラクリがあることを知ります・・・
もちろん、この時は知る由もナシ。

轆轤(ろくろ)の前に座ると目の前に粘土がドンッ!と置かれます。
始めからスタッフの方がかなり手伝ってくれるので初心者でも安心です。

 


こうやって轆轤(ろくろ)を回して見たかったんだよね~。
凄く楽しい!

 

何でも楽しむユウキ
はじめまして。こんにちは!
ハノイ出張に来ているユウキです。
こんな手軽な値段で陶芸体験ができるなんて、これもハノイを旅する醍醐味の一つかも!
後でバッチャン焼きのショッピングも楽しみたいです。

今回、Walking Hanoi初参戦のユウキちゃん。
「何でも楽しむ」その勇気(ユウキ)は同性からの支持も厚く、今後Walking Hanoiでの活躍にも期待大!
このバッチャンでの取材も、女性ならではの目線で旅のポイントを教えてくれました!

 

気付けば、真剣に轆轤(ろくろ)を回してました、笑!
思っていたより難しくなかったです。

 

ホラ!できた!ハート型のカップ。
これWalking Hanoiをご覧の方にプレゼントいたします!
詳しくはFacebookまたは
コチラの記事をご確認ください。☆キャンペンーン☆Facebookページ「いいね!」でバッチャン焼きプレゼント

 

1個目が完成すると、また粘土がドンッと置かれ、
それに触れた瞬間に2個目の製作がスタートします。
(なぜ”触れた瞬間”なのかは、後から判明するのですが・・・w)

 

何でも楽しむユウキ
私はよくわからないまま、ほぼスタッフが作ってくれてしまって、気付いたら3個出来上がっていましたw

 

仕上げもスタッフの方がやってくれます。

ここで、ロクロを使った成形工程は終了~。

 

ちなみに、

製作する焼き物の形はコップや鉢などサンプルの中から選ぶのですが、

勝手に好きな形を作ると・・・

 

お店の方になかったことにされます、笑笑笑!!!

何でも楽しむユウキ
こういう日本では想像できないようなところもオモシロイ!

 

それから、注意点があります!

注意点① 服装選びにはご注意を!

エプロンの貸し出し等はないので、汚れてもOKの服装で行くことをオススメします。
僕の黒いパンツは、白い粘土の汚れがかなり目立ってしまいました。

 

次は絵付けです!

ここからはネタバレですが・・・

成形後の作品は乾燥させないと絵付けをすることができないので、
お店側で用意してある乾燥済みのものに絵付けをすることになります!
(知らなかったので、ちょっとビックリ。)

 

ここで、当初1人4万ドンといっていた金額は、1個4万ドンだったと知ります。
更には、絵付けの後に作品を焼くなら1個8万ドンだと!

(この日は、僕のベトナム人の同僚に通訳と案内をお願いしていたので、1人4万ドンなのか1個4万ドンなのか、当初の説明を聞き間違えたとは思い難い。)

ってことで、

そりゃー店員さんは、一つでも多く買って欲しいから、ここでゴリ押ししてきますよ、笑!

何でも楽しむユウキ
私は荷物の量を考えて1個を持ち帰ろうと思っていたんですが、
店員さんが「さっき、あなたは轆轤で3個作ったんだから、最低3個は絵付けして、買ってよね!」って。
1個目を作り終わった後に、急かされるように2個目、3個目と粘土がドンッと置かれたワケがここに来てようやく分かりました。
料金のカラクリとか、店員さんの商売根性とか、予想を上回る展開に可笑しすぎて、何だか笑いが止まらなくなりました。
結局、私は3個購入しましたw
1個4万ドンでも日本で陶芸体験するよりはるかに安いです!

料金設定がややこしいのでコチラにまとめます。

ろくろ体験後、乾燥済みの作品に絵付けをして、そのままお持ち帰り
⇒ 1個 4万ドン(約200円)
・ろくろ体験後、乾燥済みの作品に絵付けをして、焼いてもらう(翌日仕上がり)
⇒ 1個 8万ドン (約400円)
・焼いた作品の発送料(翌日着でホテル等へお届け)
⇒ 4万ドン(約200円)

価格整理ができたところで、仕切り直して絵付けをしましょう!

何でも楽しむユウキ
絵付けの絵の具は、焼く用と焼かない用の絵の具に分かれていて筆で自由に描くことができます!
絵付けは工作みたいですごく楽しかったです!

絵の具で絵を描くなんて久しぶりで、たまにはこんな体験もいいなーと思いました。

 

じゃん!
人生ユタカ作のWalking Hanoiカップ!

 

無事に絵付け終了です!

 

注意点② 作品はなるべく焼いてホテルへ届けてもらおう!

作品を焼かずにそのままお持ち帰りにすると、新聞紙に包んで渡されます。

何でも楽しむユウキ
私は焼かずにお持ち帰りにしたんですが、焼かないと強度が出ないみたいで、ホテルに着いたころには割れてしまっていました。焼いてもらっても翌日ホテルへ届けてくれるので、作品は焼くことをオススメします!
人生ユタカ
うんうん!焼くと固さが増すし、ツヤも出るから焼いた方が絶対にイイ!僕のWalking Hanoiカップは焼きに出したから無事だったよ。

 

ということで、

☆バッチャン焼きプレゼント企画☆

 

Walking HanoiのFacebookページ「いいね!」をしてくれた方に抽選でWalking Hanoiオリジナルバッチャン焼きをプレゼントいたします!
詳しくはコチラ▼
☆キャンペンーン☆Facebookページ「いいね!」でバッチャン焼きプレゼント
応募締め切り2017年5月末まで。

これは焼く前のものですが、焼いた後の仕上がりはどんな感じになっているのでしょうか?

 

ショッピングタイム|バッチャン陶器市場へ

陶芸体験を終えて次はバッチャン焼きが買える陶器市場へ

 

ここが陶器市場の入口、さっそくバッチャン焼きを物色しましょう!

 

何でも楽しむユウキ
お店にはドアがなく開放された空間だったので、フラフラと気軽に見られて買い物しやすかったです。
何でも楽しむユウキ
この陶器市場にバッチャン焼きを買いに来るだけでも価値ありです!
旧市街でもバッチャン焼きを見ましたが、ここだと同じようなものが半額くらいで買えます!
ただし、旧市街のモノの方がキレイです。村で売られているものは埃っぽく、結構雑に置いてあります。
よく見ないと欠けていたり、ヒビがはいっていたりするので、購入するときはしっかりチェックしてくださいね!

伝統的なバッチャン焼きです。

 

こんな愉快な置物も結構売られていました。

 

人生ユタカ
さすが陶器市場とあって、お店の数も陶器の数も半端なかったよね~。
何でも楽しむユウキ
ホントお店と商品の量が凄かったです!
時間がある方はお気に入りを探してみるのも楽しいと思います。

 

進化形モダンバッチャン焼き!?

従来のバッチャン焼きとはちょっと違って、最近は進化系のバッチャン焼きが人気らしい。

何でも楽しむユウキ
そう!モダンなバッチャン焼きがあって、可愛かったんですよー!!
何でも楽しむユウキ
オーソドックスなバッチャン焼きより、薄型で、見た目もスタイリッシュです!
思わず大量購入してしまいました、笑!
何でも楽しむユウキ
ただ、昔ながらのバッチャン焼きの裏底には「Bát Tràng」(バッチャン)という印字があるんですが、
モダンな陶器の方には印字が入っていないものが多かったです。
何でも楽しむユウキ
「バッチャン村で作ったものは全部バッチャン焼きです!」
と、お店の方が主張していたので、
私はバッチャン焼きだと信じています、笑!

 

ユウキちゃんが大量購入したモダンバッチャン焼きのお店情報

ベトナム語表記
英語表記

■店名: CÔNG TY TNHH GỐM SỨ TINH VÂN
■住所: Số 66 – Chợ gốm sứ Bát Tràng – Xóm 3-Bát Tràng – Gia Lâm – Hà Nội
■HP:  http://gomtinhvan.com/

 

陶芸体験をしたワークショップ情報

土曜の午前中に行ったのですが、予約せずにその場で体験できました。
バッチャン村には陶芸のワークショップが数軒あります。

 

小腹がすいても大丈夫!

通りには露店もあって、ベトナム軽食を楽しむこともできますよ~!

 

バッチャンまとめ

ハノイの中心地から近くて行きやすいバッチャン。
村自体は小さいので、見て回るだけなら1時間もかかりません。

ハノイ市街より安く買えるバッチャン焼きを大人買いするだけでもいいし、
ワークショップで陶芸体験をして焼き物を作ってみてもいい!
(陶芸体験も1時間弱)

それから、バッチャンに行くときは、以下の3点に気を付けてください!

①陶芸体験をする場合は、汚れてもOKな服装で。
②絵付けした作品は焼いてホテルへ届けてもらう
③バッチャン焼きを購入するときは、不良がないか購入前にチェック!

それでは、皆さん良いバッチャン歩きを!

~街を歩けばもっと人生がユタカに~
バッチャンを楽しく歩こう!

※取材日:2017年2月25日
※記事最終更新:2017年5月4日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

人生ユタカ

世界一周旅行経験者&ベトナム・ハノイ駐在員の人生ユタカです。 「ハノイを楽しく歩こう♪」をコンセプトに、僕の仲間たちとハノイを紹介しています。 ハノイの観光スポットから超ローカルなお店まで、なるべくリアルな情報をお届けし、日本の皆様にハノイについて興味を持っていただけたら幸いです。 ~街を歩けば、人生がもっとユタカに~ ハノイを楽しく歩こう♪