ハノイの観光スポット「ベトナム軍事歴史博物館」はミリタリーor 歴史好きでなくとも見応えあり!




人生ユタカ
ベトナム軍事歴史博物館へ取材に行ってきたよ!
海外旅行計画中アメミ
正直、私は歴史とかあまり得意ではないです・・・
人生ユタカ
それがね、ベトナム軍事歴史博物館は歴史やミリタリーに興味のない人でも見応えのある観光スポットだったんだよ!

まずはチケットの購入から

入口から入って右手に

チケット売り場があるのでコチラで入館券を購入します。


<料金>
大人40,000VND
大学生以下20,000VND
6歳以下は無料
※カメラの持ち込みはプラス30,000VND

博物館敷地内のマップ

博物館全体は上記のような配置になっています。

スタートから本物の戦闘機や戦車の迫力がスゴイ!

博物館の敷地に入ってすぐに目に飛び込んでくるのが旧ソ連が開発したジェット戦闘機。
MIG-21(ミグ21)4324号戦闘機」

人生ユタカ
この戦闘機は国宝に指定されているそうです!

それから、こちらも旧ソ連製の「T54B型985号戦車」

真っ赤な国旗を掲げるフラッグタワー

一際目立つフラッグタワー(国旗塔)は旧ハノイ城の城壁の一部。
階段で途中まで登れるようになっています。

これは登ったときに真下から撮影した塔の写真。

戦闘機の展示エリアも上から見られるので、是非登ってみてください!

フラッグタワーの下には実際に使用されていた大砲が並んでいます。
※フラッグタワーは入場料を支払わずに入れます!

これでもか!というほどの戦闘機展示エリア

旧ソ連製の飛行機 IL14, No.VN-C482 ホーチミンも乗っていたそうです。

「U.S. AIR FORCE」と書かれたヘリや戦闘機が多くありました。

人生ユタカ
ここには全てを掲載しきれないですが、屋外の展示だけでこんなにあるとはかなりの見応えでした!

撃ち落とされた戦闘機のモニュメント

屋外の展示エリアで一番印象に残るのはこちらのモニュメントです。
ベトナム軍が撃ち落とした米軍の戦闘機の残骸で作られています。
何とも言い難い佇まいです。

沢山の展示物を保管している資料館

資料館は敷地内に2棟あり数多くの遺品や武器などが展示されています。
上の写真は(博物館敷地内のマップ①箇所)

資料館に入って正面にあるのがコチラの彫刻。中央に座るのはホーチミンのようです。
壁には大きくこんなホーチミンの言葉が書かれています。

Hung王様が国を建てたので
私たちはその国を守る責任がある。

首相 ホーチミン

という意味になるようです。
かつてベトナムには紀元前2879~西暦258年までホゥン王朝というのが存在しました。
18代まで続いたようですが、そのホゥン王が最初のベトナム国家の礎を築いたそうです。

 

2階に上がってみましょう。
欧米人らしき観光客の方々もいらっしゃいました。

実際に使用されていた銃や

楽器などが展示されています。

沢山の展示物。

シアターまであります。

 

サイゴンを陥落した戦車

こちら裏手の別館1階です。(博物館敷地内のマップ②箇所)
サイゴンを堕とすときに大統領官邸に突っこんだ戦車「T54B型843号戦車」
重々しく存在感のある戦車です。
こちらも国宝に指定されています。

館内は冷房がきいており、広々としていて歩きやすかったです。

人生ユタカ
屋外同様、屋内の展示品も充実していました!

 

Highlands Coffeeがフラッグタワーの近くにあるので、喉が渇いたら休憩できますよ!

 

ハノイ観光スポット「ベトナム軍事歴史博物館」いかがでしたか?

歴史やミリタリー好きでなくとも、充分に見ごたえのある博物館になっていると思います。
戦闘機や戦車なんて普段はなかなか見られないですもんね!
歴史が苦手だとしても、訪れた国の歴史に触れるのは大変良い機会になりますので、是非見学してみてくださいね!

世界遺産「タンロン遺跡」やホーチミン廟、文廟などの主要観光スポットから徒歩圏内です。

~Information~
ベトナム軍事歴史博物館 Vietnam Military History Museum

■住所:28A Điện Biên Phủ, Điện Biên, Ba Đình, Hà Nội, ベトナム
■電話番号:+84 (0) 4823-4264
■営業時間:8:00~11:30 13:00~16:30
■休館日:月・金曜
■公式サイト:http://www.btlsqsvn.org.vn/
■入場料
大人40,000VND
大学生以下20,000VND
6歳以下は無料
※カメラの持ち込みはプラス30,000VND
※フラッグタワーは入場無料

博物館の向かい側には「レーニン公園」があり、ソ連初代最高指導者ウラジーミル・イリイチ・レーニンの像があります。

取材日:2017年8月6日
記事投稿日:2017年8月18日

よろしければfacebookページの「いいね!」をお願いします!




2 件のコメント

  • ハノイ軍事歴史博物館、偶然入ったら見応えがあるのに驚きました。昼食時にネットでこちらの記述を見つけて、興味深く拝読しました。武器兵器を通じて、常に他国の侵略に抵抗してきたこの国の姿勢がよく伝わりました。また、60000人の日本軍とも戦ったことも。昨日行ったホアロー収容所でも、ビデオや音声ガイドでチラッと日本軍について触れていたので理解に役立ちました。こちらのサイトのわかりやすい表記も助かりました、ありがとうございました。

    • きよちゃん様

      ご丁寧なコメントをいただき、誠に有難うございます。
      ハノイ軍事歴史博物館には国宝展示物があり見応えありますよね。
      ご満足いただけて嬉しく思います。
      貴重なフィードバックありがとうございました。
      今後ともWalking Hanoiをよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    世界一周旅行経験者&ベトナム・ハノイ駐在員の人生ユタカです。 「ハノイを楽しく歩こう♪」をコンセプトに、僕の仲間たちとハノイを紹介しています。 ハノイの観光スポットから超ローカルなお店まで、なるべくリアルな情報をお届けし、日本の皆様にハノイについて興味を持っていただけたら幸いです。 ~街を歩けば、人生がもっとユタカに~ ハノイを楽しく歩こう♪