【ノイバイ国際空港✈】国内線第一ターミナル(Noi Bai Domestic Terminal)のご紹介<※国内線はこちらです>




【ノイバイ国際空港✈】国内線第一ターミナル(Noi Bai Domestic Terminal)のご紹介<※国内線はこちらです>

今回はノイバイ国際空港の国内線第一ターミナル(Noi Bai Domestic Terminal)のご紹介をいたします。
※国内線はこちらになりますのでご注意下さい。

場所はノイバイ国際空港第2ターミナルの東側(来る途中)と言えばわかりやすいでしょうか。

ノイバイ空港には2箇所種類があり、

  1. ひとつめは第2ターミナルの国際線
  2. もうひとつがここ国内線用の第1ターミナル

になりますのでご注意下さい。

ノイバイ空港国内線第一ターミナルを利用する上で気をつけておきたいこと

ノイバイ空港第一ターミナルから見える夕日

ノイバイ空港第一ターミナルについての注意点をいくつかご紹介いたします。

  • 国際線のある第2ターミナルとここの第1ターミナル間は無料のシャトルが出ていて行き来できる
  • タクシードライバーに「ノイバイ空港」とだけ伝えると、第2ターミナルに連れて行かれる場合があるので注意。
    この場合は、「ドメスティック(国内)」と伝えておくのが良いですが、ドライバーの中には英語を理解できないドライバーもおりますので、この際は目的地の地名を伝えるのがおすすめです。例えば、ホーチミンに行く場合は「ノイバイエアポート ホーチミン」と伝えるだけで、ドライバーとしては「ああ、このお客さんは第一ターミナルへ行こうとしているんだな」ということが分かります。何も伝えないと「このお客さんは外国人だから第2ターミナルへ連れていけばいいかな」と思うドライバーも少数おりますので注意です。※大抵は国内か国外かは確認してくるドライバーが殆どですが。
  • 第一ターミナルへ入場する際は乗車エリア券が不要なのでお金がかからない。
  • 第一ターミナルは国内線利用者のターミナルとなっている
  • 例えば、ホーチミンやダナンやその他国内への移動は全て第一ターミナルと考えてOK
  • 第一ターミナルは第2ターミナル途中にあるので、空港が見えはじめたら第2に行かないように注意しておきましょう
  • この国内線搭乗の場合、1時間前には到着しておきたい
  • 外国人は搭乗にはパスポートが必要
  • ノイバイ国際空港第2ターミナルよりは建物が古い

上記の点を注意していただきたいと思います。

あの奥に見えるのが国際線のある第2ターミナルになります。

それにしても本日は夕日が綺麗です。

第一ターミナル内様子(1時間前には到着しましょう)※パスポート持参をお忘れなく

まず第一ターミナルに到着するとこのように2F部分に到着します。
ここから各航空会社カウンターのある中へ入っていきましょう。

ここで注意したい点が2つあります。

  1. 1時間前には到着しておくこと
  2. パスポートを必ず持参すること

この2点です。1は常識なのでさておいて、問題は2ですが、よくある最初のミスとして

国内線はパスポートが必要ないかと思っていた。

こういうよくあるミスケースです。
私も数年前ベトナムに来た当初はこのミスをしてしまうそうになった経験がありました。
国内線でもベトナム人はベトナム国民カードがあれば良いようですが、外国人はパスポートが必要になります。
ここは日本で国内線に乗る感覚とは異なりますね。

国内線にはおそくとも1時間前には到着しているように予定を組むことをおすすめします。※国際線は2時間前、国内線は1時間前というのが一般的です。

理由としては、国内線は国際線とは異なり、搭乗ゲートまでの距離はさほど無いためです。
国際線同様に預け入れ荷物などはもちろんありますが、イミグレが無い分その点は早く楽にチェックインが可能になります。

チェックインカウンターでも国際線よりもわりとさくさくいけると思います。

搭乗までの流れ

  1. チェックイン(カウンターチェックイン[預け入れ荷物がある場合は必須]、WEBチェックイン、自動発券機チェックインなど)
  2. パスポート提示+荷物検査
  3. 搭乗ゲートエリア
  4. 出発まで待つ(中にはカフェや飲食店、ラウンジやお土産ショップなどあります)
  5. 出発(指定のGate)

このような流れになるかと思います。

2Fチェックインカウンター前

こちらがチェックインカウンター前です。
ベトナムエアラインをはじめ、ジェットスター、バンブーエアライン、ベトジェットエアラインなどのLCCが多く入っております。

出典:Domestic Terminal 2 Map – Departures Hanoi Airport Terminal Map – Hanoi Airport Guide

チェックインの際には自動発券機のあるベトジェットエアなどもありますので、
預け入れの荷物がない場合にはこれを使わない手はないです。

スムーズに並ぶことなく搭乗ゲートまで入る方法

長蛇の列に並ぶという方法もありますが、時間を節約するために以下の方法が有効です。

  1. ビジネスクラスの航空券を買う:割高ではありますがビジネスクラスのチケット購入をしていれば、手荷物検査前の列はパスできます。
  2. 自動発券機を使う:航空会社にもよりますがベトジェットエアなどはあります。預け入れの荷物がないのが前提です。チェックインカウンター利用せずにチェックインが可能です。
  3. WEBチェックインを使う:こちらも預け入れの荷物がないのが前提ですが、チェックインカウンター利用せずにチェックインが可能です。

もし、預け入れの荷物がない場合は2と3が使えます。
これだけでもだいぶスピーディーに搭乗ゲートに入れますので、ぜひやってみてください。

1F到着エリア

逆にノイバイ第一ターミナル国内線で戻ってきてからのお話をしていきます。
到着するのはここ1Fとなります。

出典:Domestic Terminal 1 Map – Arrivals Hanoi Airport Terminal Map – Hanoi Airport Guide

到着後は、特に何も検査はなくそのまま出ることが可能です。

こちらでは到着を待つ人々。

1Fからはエスカレーターやエレベーターもあり、2Fや3Fより上にも行けます。

こちらが国内線到着ゲート。
ここから到着された方々が出てきます。

3Fには何がある?

3Fにはフードコーナー(飲食店が多数)やお土産コーナー、仮眠が出来るカプセルなどがあります。
ここで待ち時間がある場合は飲食をとることが出来ます。

ラウンジはどこにあるの?

ラウンジはチェックインして手荷物検査が終わった後の、搭乗エリア内上の3Fにあります。
中央にエスカレーターがありますので、そのまま上に行くとラウンジがいくつかございます。

国際線第2ターミナル(T2)への移動には無料シャトルバスを使おう

  • 第1ターミナルと第2ターミナル降りる場所を間違えてしまった
  • 第1ターミナルからの便だと思っていたら第2ターミナルからの発だった

こんなケースはよくあるミスとして多いでしょう。
そんな時は無料シャトルバスを利用しましょう。

ここ第1ターミナルの場合は、まず1Fへおります。

この看板が目印。ここにた国際線ターミナル2へのバスが停まります。

「Xe đón khách」とはピックアップカーのことです。
nối chuyếnとはトランスファー(〜への移動)という意味です。
(※đónとはピックアップのこと)

ターミナル2へのピックアップで移動可能です。

というような意味合いになります。

こちらがそのピックアップバスです。
黒いのが特徴です。
バスにターミナル2とターミナル1のマークが書かれています。

いかがでしたでしょうか

以上がノイバイ空港国内線第一ターミナルのご紹介でした。
国内線利用時には必ず必要になってくる場所です。

  • 第2ターミナルと間違えないよう気をつける
  • またパスポートを忘れないようにする
  • 到着は1時間前に

最初にご利用される際には上記の点を気をつけてご利用下さいませ。

取材日:2018年8月15日

▼ノイバイ空港関連記事

【ハノイおすすめ】ノイバイ国際空港内1F販売所のSIMカード8店舗を比較してみた

2020年2月20日

【ハノイの玄関口】ノイバイ国際空港『Noi Bai International Airport』を徹底解説!✈

2019年6月12日

安くて簡単!ベトナムのアライバルビザをハノイ・ノイバイ空港で申請する方法

2018年4月18日

【観光客には便利!】ノイバイ空港⇔ハノイ旧市街方面の路線バス移動!乗り方や料金、所要時間を徹底解説!

2018年1月29日

【ノイバイ空港】空港到着時の白タクには注意!対処法はついて行かないこと

2020年8月14日

【便利!】ノイバイ空港からハノイ市街地へ向かうタクシー乗り場への行き方を完全レクチャーします!

2017年8月16日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

人生ユタカ

世界一周旅行経験者&ベトナム・ハノイ駐在員の人生ユタカです。 「ハノイを楽しく歩こう♪」をコンセプトに、僕の仲間たちとハノイを紹介しています。 ハノイの観光スポットから超ローカルなお店まで、なるべくリアルな情報をお届けし、日本の皆様にハノイについて興味を持っていただけたら幸いです。 ~街を歩けば、人生がもっとユタカに~ ハノイを楽しく歩こう♪