【ハノイ散策】線路脇の生活を見てみよう!※現在、立入りが禁止されています。




はじめまして

べー
はじめまして!インターンシップ生の「べー」と申します。

今月から、ウォーキングハノイの編集員をさせていただきます。

今日は、ホアンキエム湖から徒歩20分ほどにある隠れ散策スポットを紹介します。

※交通運輸省の要請を受けて、ハノイ市当局は10月10日から、線路脇へ観光客が立ち入ることを禁止しています。踏切を歩くときに、覗く程度にしましょう。

 

その名も「トレインストリート」

ここには、なんと!線路脇に家があるという不思議な世界が広がっています。

線路内には踏切から入っていきます。

路上駐車ならぬ、「線」路上駐車発見です!

べー
整列してバイクが並んでいるけれど…こんな所に止めちゃっていいのかな…?

線路脇で暮らす人々

どこかに歩いていく人、バイクで出発しそうな人。

家の外には、洗濯物やら植木やら。

べー
本当にここで生活している人がいる!!!

おばちゃんが自転車を押しています。

べー
目の前に線路があるからといって、生活には何も問題ないのかもしれない…。

待っているのは、ご主人様でしょうか、電車でしょうか?

ここからしか入れないカフェ

さらに歩いていくと、カフェを見つけました。

線路以外の場所からは出入りできません。

プラスチックの椅子に座って店の前でお茶をするのが、ベトナム流。

べー
とはいえ、線路脇にも座っちゃうのね∑(゚ロ゚〃)

 

鉄道が通る時間

線路沿いの壁に、電車が通る時間が書かれていました。

Information平日:6:00、19:00、19:20

休日:9:15、11:35、15:20、17:45、18:40、19:10

日中に通過するのは1,2本しかないようなので、電車に出会えたらラッキーです。

べー
電車が通過する時は、住民の方々が”突然”撤退作業を始めます。

「あ、ここは線路だった」ということが思い出されて、面白いですよ。

インフォメーション

混沌とした道路の脇には、ハノイの人々の生活が広がっていました。

■名称:ハノイトレインストリート
■住所:Tran Phu, Hang Bong, Hoan Kiem, Ha Noi
■サイト:https://hanoi-street-train.business.site/?utm_source=gmb&utm_medium=referral
■撮影日:2018年5月17日

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

Sonobe

半分インターン生、半分留学生の園べーです。英語で"Please call me Bay!"(べーと呼んでね!)というと、「どこの国の人?」と聞かれます。ニックネームです。初の海外でベトナムに来た時、カオス感に魅了され、もう一度来ることを決意!現在、半年間の交換留学中です。 ハノイの面白さを日本にいても感じてもらえるよう、ちょっとおもしろいところに注目していきます!