【旧市街36通り】ハンガン(Hàng Ngang)通り[衣料品通り]を歩こう♪




【旧市街36通り】ハンガン(Hàng Ngang)通り[衣料品通り]を歩こう♪

こんにちは!みーです。

本日訪れたのは、ハンガン(Hàng Ngang)通りです。

ハノイで最も賑やかな市場の一つで、主に衣料品が販売されている通り。

 

ハンガン通りについて

昔、広東省から中国系ベトナム人がこの通りに移住してきて、ハンガン通りで商売を始めたそうです。彼らは、主にベトナムや中国製の繊維製品を取引していました。

その後、フランス統治時代には、中国人やインド人も店を構え、布やお茶、たばこの取引が行われていました。

1945年以降、ファッション、化粧品、土産品などの店が増え、今のハンガン通りが形成されていきました。

 

ハンガン通り[衣料品通り]を見ていきましょう!

他の通りに比べて、木なども無く空も見えて、非常に開けた通りです。☁

市場にある服屋さんのイメージと重なる部分が多々あります。

値段がしっかりと表示されているため、安心して買い物をすることができます。

すごい服の数、、!足の踏み場がないくらい。

200,000ドン(約1,000円)以下の服が多く、お手頃です。数えきれないぐらい多くの服が置いてあるので、この中から自分のお気に入りを見つけることができたらラッキーです!!✨

たまたまシクロの行列を見ることができました。

旧市街36通りを効率よく回るには、シクロも一つの手段ですね!

みー
“市場で服を買ってみたい!見てみたい!”という人におすすめの通りです👗ぜひ行ってみてください(^^)

 

インフォメーション


■スポット名:ハンガン通り(Hàng Ngang)
■住所:Hàng Ngang St. Ha Noi




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!ベトナムの大学で1年間の留学を終え、現在インターン生として取材・ブログ編集を担当している"みー"です。私自身、ベトナム語もベトナムのことも何も知らないままこの国に飛び込んできました。ハノイで学校生活を送ったり、国内旅行や友達の実家に行ったりする中でベトナムの人・食べ物・文化に触れ、ベトナムの魅力を数えきれないほど知りました。知れば知るほど面白い国です!家族旅行や友達との旅行はもちろん、一人旅にもおすすめです(^^)/ 日本にいる皆さん、そしてベトナム旅行を考えている皆さんに、ベトナム・ハノイの魅力が伝わりますように★